資料室

HOME | 資料室 | 一般教養 | 語り部スキル | 会話術の焦点(2)

  • 労働組合
  • 労働者福祉・共済
  • 政治・法律・一般教養

会話術の焦点(2)

「想像力を身につける」
想像エクササイズ
色のイメージ
効果
・意識的に想像力を引き出す力を養うことができる
・想像的な色のバリエーションの探求ができる
・集中力を養うことができる
・積極的に聞く力を養うことができる
方法
・部屋中に広がり、床に座るか寝ころがるかするよう指示する
・声が聞きやすい場所に座るようにする。次のように参加者たちに話しかける
リラックスして目を閉じましょう
(動きが止まり落ち着くまで待つ)
想像力を使って、これから言う色を目の前にパッと広げましょう。赤…緑…青…黒
(待つ)
それでは、これから言うものを想像してください。ぴかぴかの赤いリンゴ
(間)
高く伸びた緑の草が風にゆれているところ
(間)
大きくて青い空とふわふわの雲
(間)
黒い霊柩車が通り過ぎるところ
(間)

全部の絵を消してください
さぁ、ひものついた大きな風船のたばが見えます。風船はいろんな色をしています。何色が見えますか?
(間)
風船を数えてください
(もし参加者が手をあげて目に見えない風船を指さしながら数えても驚かない)
それではひとつずつ風船を放しましょう
(間)
すべての風船が飛んでいったら、体を起こしてゆっくりと目を開けて、こちらを向いてください。


参加者を集めて、何が起こったか話し合いましょう。次のような質問をしてください。
・色は見えましたか?何色が見えましたか?
(ふつう、赤と黒がもっとも見えやすい)
・色だけを見る方が簡単だった?それとも色のついた物を見る方ですか?
・どの物が一番はっきり見えましたか?リンゴ?草?空?雲?
・風船は見えましたか?何色でしたか?
・自分は絵の中にいましたか?
・風船のひもを握る自分の全身が見えましたか?それともひもを握る手だけが見えましたか?
・ほかにも誰か見えましたか?
・風船はどこに行きましたか?


答えはさまざまです。
風船がどこに行ったのかなど気がつく人もいますし、そうでない人もいます。
色が簡単に見える人もいますし、見えない人もいます。
すべての反応、すべての絵、そして感情が正しいことを確認させてください。
想像に間違いはありません。

(つづく)

資料に関する解説やサイト内ブックマーク、簡単なクイズもできる無料会員登録のお申し込みはこちらになります。

会員登録お申し込み

>>一覧へ戻る