資料室

HOME | 資料室 | 労働組合 | 労働時間をめぐる諸問題 | 労働時間の起算点(2)

  • 労働組合
  • 労働者福祉・共済
  • 政治・法律・一般教養

労働時間の起算点(2)

厚労省は平成29年1月20日、次のようなガイドラインをあらためて示した。

これは自己申告制の労働時間管理による問題が相も変わらず多いためのガイドラインである。
ガイドラインのなかにこんな文面があることに留意しよう。
「なお、労働時間に該当するか否かは、労働契約、就業規則、労働協約等の定めのいかんによらず、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができるか否かにより客観的に定まるものであること。
また、客観的に見て使用者の指揮命令下に置かれていると評価されるかどうかは、労働者の行為が使用者から義務づけられ、又はこれを余儀なくされていた等の状況の有無等から、個別具体的に判断されるものであること。」

(つづく)

資料に関する解説やサイト内ブックマーク、簡単なクイズもできる無料会員登録のお申し込みはこちらになります。

会員登録お申し込み

>>一覧へ戻る