資料室

HOME | 資料室 | 労働組合 | 労働時間をめぐる諸問題 | 労働基準法上の労働時間の定義(1)

  • 労働組合
  • 労働者福祉・共済
  • 政治・法律・一般教養

労働基準法上の労働時間の定義(1)

法定労働時間
「法定労働時間」とは、労基法が定める1週及び1日の最長労働時間のことである。
労基法32条では、その1項に「使用者は労働者に休憩時間を除き、1週間について40時間を超えて労働させてはならない」と定め、続いて2項では「使用者は1週間の各日については労働者に休憩時間を除き1日について8時間を超えて労働させてはならない」としている。
これらに違反して労働者に労働させた使用者には、罰則の適用がある。


(つづく)

資料に関する解説やサイト内ブックマーク、簡単なクイズもできる無料会員登録のお申し込みはこちらになります。

会員登録お申し込み

>>一覧へ戻る